bow's Design(ボウズデザイン)

作文用紙の写真
椅子 写真
date:2022.03.14TUBUYAKI 

日記「ことのは」

はじめまして。 名前を知る。 顔を見る。 目を見る。 話をする。 仕草がある。 名を見る。 名の持つ雰囲気と人格。 重なるようになって見えて、そうやって人の印象が残るのかな。 字にはなにやら雰囲気があるように思う。 がし […]

水 イラスト
date:2022.03.07TUBUYAKI 

日記「情熱と冷静の間」

フリント式のライターの回転やすりをしゅっと擦ったらぼわっと大きな火がのぼり辺りを少しだけ赤く灯す。 そうしたらもくもくとだまになった煙が上へのぼっていく。 融通の効かないど真面目な様には、時にシニカルに見えてしまうものだ […]

グラデーション
date:2022.03.03THINKING 

日記「淡々原色」

淡々と。 冷たい風が少し温かい風となって吹く。 淡々と。 草木に薄っすらと緑が色づく。 淡々と。 黒い霧がかりだんだん晴れてきた。 淡々と。 淡々…淡々と日々を歩く。 薄い霧の中に人影が。 季節が変わろうとし […]

桜道 写真
date:2022.02.26TUBUYAKI 

日記「どうぞ」

「どうぞ。」 手を優しく添えられ譲ってもらえた。 その時、あっ、となり、やってしまったと恥ずかしくなり苦笑いを浮かべる。 感情が高まってくると、つい人が話しているのを遮って自分の話したいことを話そうとしてしまう。 そうい […]

四弦
date:2022.02.24TUBUYAKI 

日記「四弦」

かちゃ… 机に運ばれた珈琲のカップと食器とスプーンたちが打ち合って奏でるハーモニー。 とても心地よい音だ。 奏者は運んでくれた店員さん。 素敵な笑顔で、明るそうで温和そうで優しそうだ。 とても良い音を奏でる。 […]

空の写真
date:2022.02.18THINKING 

日記「コンクリの寒い道」

晴れやかな空の中、太陽の光の下の温かな風に吹かれ雲は形を変えながらどこかへ進んでいく。 コンクリートの囲いを潜り抜けたとき、太陽の強い日差しが瞼をさし、光に慣れていない目がくっとなる。 白黒く、寒かった道は一瞬にして彩を […]

シナプス イラスト
date:2021.12.22TUBUYAKI 

日記「言葉が出てこない」

同年代、もしくは上の世代の人と会話をしていると度々遭遇することがある。 滑らかに出てくる言葉に、周りはふむふむ、うんうん、ああ、と相槌を打ち、 突然に言葉が詰まり、「ああ…あれ、なんやったっけ…? […]

花 イラスト
date:2021.12.17TUBUYAKI 

日記「べくして…」

何に背を向けているのか。 何を見ないようにしているのか。 事と私とがすれ違い、その距離が離れるごとに一体どんな表情を浮かべたのか。 平面に描かれた絵のような、目元は暗くなっていてよく見えないが、口元と力が入った体にあらわ […]

月 イラスト
date:2021.12.04TUBUYAKI 

日記「しゃんしゃんしゃんしゃん」

寒くなってきた。 寒くて足がきんきんになってかなわないが、どの季節も良いが最も好きな季節が冬だ。 寒い所為か、辺りの変な陽気な(野生性というのか…)雰囲気が静まり、落ち着きがある。 澄んだ冷たい空気に輝く灯り […]

駆け出す 写真
date:2021.12.02TUBUYAKI 

日記「鬼ごっこ」

小さな頃は、テレビで何曜日の何時にあれやこれやと放映するから、あれだけ楽しく走り回って遊んでいたのに、ぴたりと立ち止まり時計塔の指している時間を見て、急いで家まで走っていった。 あれだけ自分が追いかけまわし、散っていた友 […]

絵 写真
date:2021.10.31TUBUYAKI 

日記「やってきたやってきた」

あらあらお久しぶりね。 お元気かしら。 最後に書いたのは8月の終わり。 少々バタついていて、他のことをやっているいとまがなかった。 ついでに何年ぶりかの群発頭痛がやってきて、これは辛い。 長い付き合いなので、激痛になるタ […]

夕焼け 写真
date:2021.08.25TUBUYAKI 

日記「蟻と蟋蟀」

例年に比べて今年はとても季節の移り変わりを早く感じる。 時計のさす時間に対して、もう辺りは暗くなっていて、秋の虫の演奏がちらほらと聞こえてくる。 とうはいうものの、今夜はとても蒸しっとしていて、汗がだらだらとしたたり落ち […]

うさぎ 写真
date:2021.07.26TUBUYAKI 

日記「火の粉」

さっきあったことは、過去のもの。 そのときあったものは、さっきははっきりとあったのに、現在になったら、ちょっぴりうねうね、ぐねぐね、ぐにゃぐにゃして、ふわふわして生き物のように塊になって動いている。 手を伸ばしてみても触 […]

fusion 「芸術そして光」 パンフ
date:2021.07.17THINKING 

日記「メッセージ」

猫が目に涙を溜め込み「にゃあ」と鳴いた。 そんな出来事を思い出して、気になってどういった理由で涙を流し泣くのか、を調べてみた。 深くは調べていないので、深くは分からないが、感情によって涙を流すことは基本的に無い、らしい。 […]

空の写真
date:2021.07.09THINKING 

日記「FLASH」

縦肘をついて手の平に右頬をあずけた。 画面を見すぎていたためか、目の中に虹色の断層のようなものが浮かび上がり邪魔になったので、そのまま一息ついた。 目の解像度が落ちて、目から見える画面には粒子がちらほらと確認できる。 ま […]

線 イラスト
date:2021.06.27THINKING 

日記「ほら、あの、あれ…」

「ほら、あの、あれー…あるやんか、あれやん…」と、何かを説明するときに、あれ、が全く出てこずに、対話している人に委ねるそれ、の解を導く役割だったのが、だんだんと導いてもらう役割に代わり、遠くの方を […]

万華鏡
date:2021.06.23THINKING 

日記「ラメ」

洗面所で手を洗って眼前にある鏡に映った自分の顔の頬辺りがキラリと光った。 最近万華鏡を作っていたのだが、容器の中に入れる素材のラメが顔についていたのだ。 小さく軽い素材なので、机の上に散らばってしまったものが、未だに肘や […]

バスケットボールと空
date:2021.05.16THINKING 

日記「8時8分」

エスカレーターの上矢印のボタンを押した。 睡眠不足で少々疲れていたので、今日は階段を遠慮させていただいた。 到着を待っていたら「8時8時8時8時8時8分。」と懐かしいフレーズが頭の中で奏でられた。 ポンキッキーズという番 […]

鳩の写真
date:2021.04.05TUBUYAKI 

日記「ありゃあ、鼠だ」

静かになった道路に車が通り過ぎていく音がした。ドップラー効果のように音が消え去った後、音の衝撃波のようなものが道路から家にまで伝わってきて、それを合図に「かたかたかたかた…」と天井の方からか??おそらくコンク […]

絵の写真
date:2021.04.01TUBUYAKI 

日記「ともちゃんが言っていた」

ともちゃんが言った。「目をつむるたびに、瞼にいろんな模様が見えるんだよ。目をつむって見てごらん。」言われるがままと好奇心とで目をつむってみた。 すると、真っ暗になった瞼の中で、様々な色の様々な模様が躍るのが見えた。目をぱ […]

笑顔のイラスト
date:2021.03.31TUBUYAKI 

日記「良い一日」

はて??この写真は一体なんだ??じーっと眺めていたら、思い出した。遠方の客先に出向いたときに撮った写真である。何かというとこれは年季の入ったコンテナの壁面である。木のシルエットが焼き付いていて、経年の汚れがなんか良かった […]

手 グラフィック
date:2021.03.30THINKING 

日記「忘却の果て」

消えていく。知らず知らずのうちに消えていく。あんなにも夢中だったはずであるのに…あんなにも執着していたものなのに…時間をこくこくと刻んいく中で、すっかり失念してしまい、果てに忘却してしまったものは […]

カメラ 写真
date:2021.03.13THINKING 

日記「ゲシュタルト崩壊」

気付けば観桜の季節。外はごーごー強い風が吹き、横殴りの雨がどこかを打ち付ける音が聞こえてくる。(これを書いている頃には、落雷の音も聞こえ、一瞬電気が消え、作成途中のデータ消失の恐怖を感じた。こまめに保存しておかねば。)遠 […]

魔法 イラスト
date:2021.03.11THINKING 

日記「魔法の使い方」

いつもの場所にどすんと尻で着地し、その勢いのまま壁にごつんともたれかかる。そしてふーっと一息を入れ、缶コーヒーのプルタブをカチッとやって、壁にごつんともたれた後、手を地面にべちっとつけて勢いを殺し、そのままずずっと珈琲を […]

雪景色
date:2021.02.26TUBUYAKI 

日記「ねえねえ、先生は…」

「ねえ、先生はかつらなの??」 僕の腰のあたりを手でとんとんとし、後ろを振り向いて視線があったところ唐突にこんな質問をされた。そろばんトライアスロンのイベントの息抜きタイムの坊の図工の時間で、作品が最優秀賞になった低学年 […]

花 イラスト
date:2021.02.21TUBUYAKI 

日記「無頼漢の掟破り」

汚れが見当たらない清潔な空間で、人工的に清浄された空気、いくつもの部屋があって、全て真っ白なもので統一して作られ、規則正しく並べられたベッドで幾人もの人が過ごしている。私の体はいつからか頑丈にできているようで、自分が世話 […]

ピック 写真
date:2021.02.12THINKING 

日記「8小節のゴーストノート」

予定より大きく造形してしまい、研磨作業が大変。汗をかきだしたりして、暖房いらずの省エネ、といいたいところだが、体のエネルギーはそこそこ使っているので、とんとんか、それ以上か…??研磨作業はわりと好きで、仕上げ […]

サンタ帽 ソーイング
date:2020.12.19BLOG 

日記「そういえば…」

息抜きにサンタ帽をソーイングしていた。立体感を出したいと思い、道具箱にある綿を取り出そうとした時、「そういえば…」と思い出したことがある。 いつしか作った紙粘土のサンタクロースである。実はトナカイもあったのだ […]

ぞうさんじょうろ 写真
date:2020.12.09TUBUYAKI 

日記「飯テロ」

お店の店員さんがレジカウンターに入り、エプロンの紐を静かにぎゅっとしばり仕事を始める姿が目に入り、ごくりと息を飲んだ。職人の所作、というのか、作業をしているときの立ち居振る舞いや、スポーツだとか、趣味にしても、無意識に発 […]

景色の写真
date:2020.12.07THINKING 

日記「くしゃみ」

「へくしゅん!」と、くしゃみの音を耳にすることが多くなった季節です。「へくしゅん!」と前方からくしゃみをする人が見えた。もうひとつ、といったところ、タイミングを逃してしまい、鼻がむずむずしてどうやら気持ちが悪いご様子。ず […]

bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

ページのトップへ