bow's Design(ボウズデザイン)

作文用紙の写真
鳩の写真
date:2021.04.05TUBUYAKI 

日記「ありゃあ、鼠だ」

静かになった道路に車が通り過ぎていく音がした。ドップラー効果のように音が消え去った後、音の衝撃波のようなものが道路から家にまで伝わってきて、それを合図に「かたかたかたかた…」と天井の方からか??おそらくコンク […]

絵の写真
date:2021.04.01TUBUYAKI 

日記「ともちゃんが言っていた」

ともちゃんが言った。「目をつむるたびに、瞼にいろんな模様が見えるんだよ。目をつむって見てごらん。」言われるがままと好奇心とで目をつむってみた。 すると、真っ暗になった瞼の中で、様々な色の様々な模様が躍るのが見えた。目をぱ […]

笑顔のイラスト
date:2021.03.31TUBUYAKI 

日記「良い一日」

はて??この写真は一体なんだ??じーっと眺めていたら、思い出した。遠方の客先に出向いたときに撮った写真である。何かというとこれは年季の入ったコンテナの壁面である。木のシルエットが焼き付いていて、経年の汚れがなんか良かった […]

手 グラフィック
date:2021.03.30THINKING 

日記「忘却の果て」

消えていく。知らず知らずのうちに消えていく。あんなにも夢中だったはずであるのに…あんなにも執着していたものなのに…時間をこくこくと刻んいく中で、すっかり失念してしまい、果てに忘却してしまったものは […]

カメラ 写真
date:2021.03.13THINKING 

日記「ゲシュタルト崩壊」

気付けば観桜の季節。外はごーごー強い風が吹き、横殴りの雨がどこかを打ち付ける音が聞こえてくる。(これを書いている頃には、落雷の音も聞こえ、一瞬電気が消え、作成途中のデータ消失の恐怖を感じた。こまめに保存しておかねば。)遠 […]

魔法 イラスト
date:2021.03.11THINKING 

日記「魔法の使い方」

いつもの場所にどすんと尻で着地し、その勢いのまま壁にごつんともたれかかる。そしてふーっと一息を入れ、缶コーヒーのプルタブをカチッとやって、壁にごつんともたれた後、手を地面にべちっとつけて勢いを殺し、そのままずずっと珈琲を […]

雪景色
date:2021.02.26TUBUYAKI 

日記「ねえねえ、先生は…」

「ねえ、先生はかつらなの??」 僕の腰のあたりを手でとんとんとし、後ろを振り向いて視線があったところ唐突にこんな質問をされた。そろばんトライアスロンのイベントの息抜きタイムの坊の図工の時間で、作品が最優秀賞になった低学年 […]

花 イラスト
date:2021.02.21TUBUYAKI 

日記「無頼漢の掟破り」

汚れが見当たらない清潔な空間で、人工的に清浄された空気、いくつもの部屋があって、全て真っ白なもので統一して作られ、規則正しく並べられたベッドで幾人もの人が過ごしている。私の体はいつからか頑丈にできているようで、自分が世話 […]

ピック 写真
date:2021.02.12THINKING 

日記「8小節のゴーストノート」

予定より大きく造形してしまい、研磨作業が大変。汗をかきだしたりして、暖房いらずの省エネ、といいたいところだが、体のエネルギーはそこそこ使っているので、とんとんか、それ以上か…??研磨作業はわりと好きで、仕上げ […]

サンタ帽 ソーイング
date:2020.12.19BLOG 

日記「そういえば…」

息抜きにサンタ帽をソーイングしていた。立体感を出したいと思い、道具箱にある綿を取り出そうとした時、「そういえば…」と思い出したことがある。 いつしか作った紙粘土のサンタクロースである。実はトナカイもあったのだ […]

ぞうさんじょうろ 写真
date:2020.12.09TUBUYAKI 

日記「飯テロ」

お店の店員さんがレジカウンターに入り、エプロンの紐を静かにぎゅっとしばり仕事を始める姿が目に入り、ごくりと息を飲んだ。職人の所作、というのか、作業をしているときの立ち居振る舞いや、スポーツだとか、趣味にしても、無意識に発 […]

景色の写真
date:2020.12.07THINKING 

日記「くしゃみ」

「へくしゅん!」と、くしゃみの音を耳にすることが多くなった季節です。「へくしゅん!」と前方からくしゃみをする人が見えた。もうひとつ、といったところ、タイミングを逃してしまい、鼻がむずむずしてどうやら気持ちが悪いご様子。ず […]

影 写真
date:2020.12.03TUBUYAKI 

日記「不可解な事件」

はい、どうもー!〇〇です!よろしくお願いします!ありがとうございますー!ちらほらと名前を知ってもらえるようになって嬉しいなあ、いうてやらしてもらってますけどね、ところで最近多ない?? 多い??なんやねん唐突に?? 何が? […]

ええじゃないか イラスト
date:2020.12.03TUBUYAKI 

日記「とある厭世家のぼやき」

設置されてある時計を流し見したところ始発までしばらくある。歩きながらどうするか考えたが待つのは面倒に思い、ロータリーに向かいタクシーを探した。タクシー運転手さんの出勤は早いらしく、既に埋まるほど留まっており列を作っていた […]

ベンチ イラスト
date:2020.12.02THINKING 

日記「ベンチ」

段々と赤や黄の暖色のアーチの中を歩いていて、足元でばりっとか、しゃりっとか、落ち葉が心地よい音を奏でる。弾力のある地は足に優しく、関節の摂理に沿った歩行ができるように感じる。後ろを振り返れば、綺麗に舗装されたアスファルト […]

秋の街路樹 写真
date:2020.11.12BLOG 

日記「秋の境界線を通り過ぎる冬の風」

足がきんきんに冷たくなってかなわんです。この数日間で秋との境目を通り越し、冬が到来したと実感した次第であります。鼻水がとめどなく垂れてくるのを啜り続けないといけないのは、大変鬱陶しいものです。厄介なのが、これは伝染し、あ […]

抽象 写真
date:2020.11.11TUBUYAKI 

日記「スタートダッシュが重要です」

ここの横断歩道の信号はスムーズに渡らせてはくれない。十字路が見え、その先に信号が見えるが「青」を示していると、なるほど今日も渡らせてくれまいか、と思いつつも、進んではしてみる。案の定だが歩道の白線へ一歩踏み出そうとしたと […]

部屋のイラスト
date:2020.10.29THINKING 

日記「夢のユートピア」

かちかち、かたかた、さらさら、と。忙しい時は座っている時間が多く、腰が痛くなっってしまう。酷かった肩凝りはいつの間にか無くなったのだけれど、肩周りを動かす作業をするようになったからだろう。肩凝りに悩んでる人は、肩周りを動 […]

そろばん イラスト
date:2020.10.27TUBUYAKI 

日記「ワンタッチ」

急にぐっと寒くなりまして、油断をして薄着で出てしまって、歩みを止め、がたがた体を震わせながら寒空を見上げ、「着込んどけば良かったなぁ…」と後悔するのでした。ばたばたとしていてあっという間に年をまたいでいくのだ […]

木に扉 写真
date:2020.10.08TUBUYAKI 

日記「距離感を見誤る」

ドスンと尻餅をつき、その強い衝撃の後に受け身を取ったときについた手の痛みがやってきた。その手を眺めながら少々現実を受け入れ難い感覚に見舞われた。一ヶ月ぶりに招集がかかったのでトレーニングに赴いた。長く期間が空いたので、つ […]

夜空の写真
date:2020.09.26TUBUYAKI 

日記「いやいやいや、ちょっとまってください」

昨日のお弁当のイラスト日記を綴っていたところ、長い間「チキンボンボン」だと思い込んでいたものが、正しくは「チキチキボーン」であることが分かり、青天の霹靂であった。あまりの衝撃に椅子の背もたれに深くもたれかかり、チキチキボ […]

魔女の宅急便 小さな魔女 イラスト
date:2020.09.21THINKING 

日記「優しさに包まれたなら」

久しぶりにジブリ映画『魔女の宅急便』を見たのだが、良い映画ですね。目に止まるシーンがいくつかあるけれど、なんか、じんわりと涙出てくるもんね。あれ、なんなんだろうね、一般的には泣けるシーンではないようなところで、じんわりと […]

木漏れ日 写真
date:2020.09.12TUBUYAKI 

日記「最近描いていたものとか」

もう9月ですものね。過ぎていく時間の流れが年々早くなっているような気がするのは、同年代の方も同じなのだろう。興味のあることが増えたり、やってみたいことが増えたり、所謂願望のような念ではなく、実際にできるようになっているこ […]

横断歩道 イラスト
date:2020.09.06THINKING 

日記「落ちたら鮫に食われる」

「カンカンカン」と雨上がりの雫が建物に備え付けられている管の金属に打ち付ける音が聞こえてきた。金属の管の中を風が通る音が「ごおおおお」と聞こえてくる。建物の地を打つ複数の足音が反響し辺りに響き渡る。空を見上げると黒い雲が […]

イラスト
date:2020.08.20TUBUYAKI 

日記「キャップ帽」

見ている画面に突如迫り来る物体に反射的に体が動き避けてしまう、あるいは防御姿勢をとってしまう、そんないたずら動画がある。画面越し、というのか俯瞰視というのか、遠いところから見ていた人物が物凄い勢いでこちらに向かってきた。 […]

赤い口紅 イラスト
date:2020.08.15THINKING 

日記「赤いルージュ」

いつの日だったか。あれはたしか、仕事の打ち合わせへ向かったときだった。お昼の時間が過ぎておやつの時間の真ん中あたり。西へ向かう列車の中はすっかり空いていて、早い速度で映り変わる景色とは反対に、お昼過ぎの睡魔に襲われた乗客 […]

壁の写真
date:2020.07.25TUBUYAKI 

日記「思考の交錯」

表現したいのに表現できないこのフラストレーションをどうしたらよいものか。話したいのに伝えたい話が思い浮かばないこのフラストレーションをどうしたらよいものか。なにかしたいのになにをしたいのか分からないこのフラストレーション […]

花の写真
date:2020.07.24TUBUYAKI 

日記「晩餐」

今日もどこかで盛大な宴の声が聞こえてくる。けたけた、けたけたと誰かが下品に笑っていやがる。今日もどこかで悲しい知らせが報じられる。それなのに、豪華な飯を頬張る下品な咀嚼音と、音色のないグラスのぶつかる音が、がはがは、きゃ […]

案山子 ファッション イラスト
date:2020.07.13DRAWING 

日記「」

玄関の扉を開けた瞬間に一気に憂鬱な気持ちになった。まだ雨が降っている。傘を持つほどの雨ではないのがまだ救いであるが、こうも毎日降り続けられると苛立ちの気持ちを抱いてしまう。傘そのものが嫌いなわけではないが、人が多くいる場 […]

雨の雫 イラスト
date:2020.07.11TUBUYAKI 

日記「梅雨の一人言」

やあやあ、これは、お空さん。今日も一日泣いているの??たまにの涙なら良いのだが、こうも毎日泣かれると、こちらもなんだか気が滅入り、悲しい気持ちになりました。 あなたの気持ちがわかるなら、人の気持ちが分かるのか?人の笑顔が […]

bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

ページのトップへ