bow's Design(ボウズデザイン)

zukei

日記「かばん」

広告

大盛況に終わった興業の、解体される舞台を前に、先ほどの盛り上がりの薄れゆく熱気の余韻の中を、裏を忙しく走り響く足音の数の、拍子が掴めたならば、通りすがった風圧に終焉を感じた談笑は、立ち込めた空気はしめやかに、それにならってしめやかに、てんてんとその場を去っていく。
無音になったどっしりと深くに座り込んだ背中は、ひとつもわずかも動くことなく、落ち着いた呼吸には肩を揺らすこともない。
無の時間に満足いったか、いかないか、どちらともいえない空気を断ち切るかばんを閉める音は、その人間のどうこうなど関係もなく、締まりいく摂理であることを、無音の中に終焉の拍子を響き渡らせていく。
お疲れ様、また明日。

 

リュック イラスト

今日の作業用BGM

広告
 
ページのトップへ