bow's Design(ボウズデザイン)

花の写真

date | 2020.7.24 日記「晩餐」

Pocket

今日もどこかで盛大な宴の声が聞こえてくる。
けたけた、けたけたと誰かが下品に笑っていやがる。
今日もどこかで悲しい知らせが報じられる。
それなのに、豪華な飯を頬張る下品な咀嚼音と、音色のないグラスのぶつかる音が、がはがは、きゃはきゃはと、聞こえてくる。
この晩餐は何のためのものなのか。
まるで、悲しい知らせを喜び、讃えるかのような。
真に受けることはない。
こんなことに、真面目に向き合うことはない。
傍観だ。
そう、傍観が丁度良い。
ドールハウスの中に思い描いた一つの物語を表現するように。
空間の外からそれを覗き込むように。
たいそう滑稽な世界に映るだろう。
わたしたちが思い描いたものは、もっと美しいものだったに違いない。
僅かなひと時ではあるが、幸せに満ちた時間と空間を築いただろう。
皆が絶えず笑顔で手を繋ぎ生き続けているのも奇妙な世界だろう。
ほんの少し、ほんのひと時を、安心して癒される時を過ごすことができるのではないか。
くだらぬものにとらわれるべきではない。
くだらぬものに付き合う必要はない。
いかにも食いつきそうな餌を放り投げ、今日もどこかで誰かが笑っていやがる。
たいそう楽しそうにしているが、なんとも醜く下衆い輩で、一発お見舞いしてやろう、などと怒りに任せて体が動いてしまいそうになるが、それこそ彼らの思う壺なのである。
傍観だ。
やるべきことを。
次第にそれは遠のいていき、聞こえなっていく。
わたしはなにがやりたかったのか、思い出すことになるだろう。

オルテガ・イ・ガセット 大衆の叛逆

今日の作業用BGM

Kang Asol

 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ