bow's Design(ボウズデザイン)

明石海峡大橋

date | 2017.7.14 写真と物語「ファインダーに映った摩訶不思議」

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 写真と物語「ファインダーに映った摩訶不思議」
LinkedIn にシェア

明石海峡大橋

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…
低い音が空から鳴り響いてくる。

明石海峡大橋

音が鳴る方へ、「なにごとだ?」と人がざわざわと集まりだす。

明石海峡大橋

空を見ていると、ゴーゴーと音を鳴らしながら、
小さな雲が、ひとつの中心に向かって勢いよく、渦を巻きながら、
集まっていく。
渦の中心からは眩いほどの光を放ち、その光のグラデーションが
見ている僕たちを照らしている。

明石海峡大橋

神々しく輝く光は次第に大きくなり、
すべての雲の渦を飲み込んだ瞬間に、一瞬あたりを真っ白な眩しい光で包んだ。
あまりの眩しさに目が見えなくなってしまった。
目が慣れてきてゆっくり瞼をあけて、もう一度同じ方向の空を見たとき、
魚のような生き物がゆっくりと移動しているのが見える。

明石海峡大橋

明石海峡大橋

明石海峡大橋

なんとも不思議な光景に、あたりにいる人がどよめいている。
まるでU.F.Oを目撃し、この瞬間を目撃した人々との驚きと興奮を共有するかのように。
この生き物はどこへ向かっていくのだろうか。
しばらく様子を見ていると、この生物が向かっている先に、さっきみたような光り輝く光。
きっとあそこに向かっているのだろう。

明石海峡大橋

その生き物が、光に近づいたときに勢いよく飛び込んだ。
魚が水中から外へ飛び跳ねて、また水中に落ちるときのように。

明石海峡大橋

光に飛び込み吸い込まれていった生物の姿は見えない。
また光が眩いほどの光を放つが、雲が逆再生のように渦を巻きながら、
元の姿に戻っていく。
どんどんと強い光を放っていくけど、雲がかばってくれていて、
はっきりと見えるけど、中で何が起こっているかは、まったくわからない。

明石海峡大橋

カシャカシャとシャッターを切る音が聞こえる。
不思議な出来事と不思議な出来事をおさえるカメラマンを撮る僕。
シャッター音が止み、カメラマンはおさえた写真を見ている。
神秘的な出来事は真っ白になって、だんだん消えていく。
先ほどの、ざわめきも静かになり、またいつものような時間が流れ出す。

明石海峡大橋

明石海峡大橋

明石海峡大橋

明石海峡大橋

彼のファインダーには何が写っていたのだろうか。
でも、それは彼の目にしか見えなかったものなのだろう。

明石海峡大橋

くまくまイラストレーション

 

livetune / ファインダー

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る