bow's Design(ボウズデザイン)

紅葉の写真

date | 2017.7.12 日記「日に日に荒れていくその様を見て思うこと」

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 日記「日に日に荒れていくその様を見て思うこと」
LinkedIn にシェア

紅葉の写真

紅葉の写真

紅葉の写真

少し小走りで駅に向かっていた。
駅の建物が見え出すこの道。
もう幾度となくこの道を行き来しながら歩いているから、さほど気になることもなく、電車に乗り込む。

ふと地面に目をやると、コーヒーや飲料水、タバコの箱やらタバコの吸い殻が点々と落ちている。
ああー…とか、ちょっと嫌な気分になりながら、どうしてか、あの言葉が頭に浮かんだ。

あれ、あれや、と
頭の中から引っ張り出そうとしているが、なかなか出てこない。
あれ…

「毎日掃いても落ち葉がたまる。これが取りも直さず人生である」
作家 田山花袋さんの言葉。

一時期とある企業さんがCSR活動の一環として、地域の清掃活動を行っていた。
僕もそこに参加させていただき、一週間に一度、会社周辺の清掃活動をお手伝いさせてもらっていた。

ゴミ袋が何袋にもなるほどのゴミ量。
こんなものまで…??というものも落ちていたりする。
その活動中というのは、なんとも不快な気持ちを抱きながら活動するも、活動によって綺麗になっていく様子をみると、
とても清々しく、スッキリしたものだった。

しかし、一週間後には、また元通り。
場合によっては、よりひどい状況になっていたりすることもあった。
不快感とともに、大きな疑問を抱く。
小さなときから学んだことであって、やってきたこと。
罪悪感などにも苛まれない感覚が不思議だった。
どうしてなんだろうね。

最近は仕方がない、などと大人の言葉で諭されるわけだけど、これで良いんだろうか。
長年中二病を患っている僕には、どうにもこうにも大人の言っていることは、しばしば理解できないことが多々ある。
まあ、仕方がないことなのだろう。
こういったどうにもこうにもできない言葉で片付けらていく。
ただ、ここで見た現実というのは、片付けられるどころか、消えることもなく、落ちているのだ。

田山花袋さんの言葉の意味とは全く関係のないことだが、その光景を見て、ふとその言葉が出てきたのだ。
汚されても、美しく四季を彩る草、花、木、自然のように、年輪を重ね少しずつ変化をしていく自己を最後まで全うするまで。

over the rainbow / The Wizard Of Oz Theme song

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る