bow's Design(ボウズデザイン)

アポロのイラスト

date | 2019.2.4 日記「拾いにくい音」

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

アポロのイラスト

スーパーで買い物をしていた。
計算が終わったが、買い物カゴの中に、久しぶりに食べたくなった「アポロ」が残っていた。
あ、と思って「すいません」と声をかけようとしたところ、店員さんが気付いた。
「あ、アポロがまだだった。合計金額が変わりまして…」
商品名を言われるととは思っていなかったので、改めて「アポロ」、と言われると、少々恥ずかしくなってしまった。
久しぶりにアポッとくわ。

BASSの写真

さてさて、これは僕が愛用しているベースG&L-2000。
10代の頃バンドやろうぜ、ということになって、俺ボーカル、俺ギター、となって余ったベースをやることになったことがきっかけで、今はバンドはやってはいないが、趣味でベースを弾いている。
かれこれベースを弾き始めて20年ほど立つのか、と思うと長いことやっている。

とはいっても熱心にやっているわけではなく、弾きたくなったらちょこっと弾いて…という程度だったのだが、最近出会った音楽によってベース熱が再燃している。
最近の「今日の作業用BGM」でもたびたび登場しているvulfpeck、pomplamoose。
音楽を楽しんでいる様子が伝わってきて、聞いているとこちらも楽しくなってきて、楽器を持って参加したくなってくる。

Cory Wong / VULFPECK

Cory Wong

新品価格
¥150から
(2019/2/4 05:25時点)

Dean Town /VULFPECK

Dean Town

新品価格
¥150から
(2019/2/4 05:24時点)

vulpeckのジョー・ダート、マンドリンの名手クリス・シーリーとのベースとマンドリンのセッションがものすごい楽しい。
vulfpeckのフォント開発や、コンプレッサーソフトウェアの販売など、展開方法も面白くて好き。

Before Midnight / Pomplamoose

Before Midnight

新品価格
¥200から
(2019/2/4 05:46時点)

PomplamooseのBefore Midnightに惚れてしまい、Pomplamooseの曲を物色。
オリジナルはもちろん、名曲のカバーを様々なミュージシャンとセッション。
歌声やサウンドはもちろんのこと、楽しそうに音楽をやっているところが本当に素敵。
女性ボーカルのナタリー・ドーンが可愛らしくて。
出会った二組みのアーティストによって、ベース熱が再燃しているわけです。
長いこと張り替えていない弦も張り替えなくては、と思っているところです。

そんわけで彼らの曲を演奏してみたく、ちょっとずつ耳で拾いながら演奏しているわけです。
しかし慣れていない音構成なのか、頭の中で記憶した音をいざベースに落とし込もうとした時はずすのですね。
弾いてみて頭の中の音と、実際の音が合っているか確認するのですが、合っているのか分からない。
最後は実際の曲と合わせてみて調整していくのですが、慣れない音や構成のときは、耳コピに少々時間がかかるので、ちょっとした面倒くさくなります。
もっと音楽を楽しむには、避けてきた理論を学ぶべきなんだろうな、と感じている今日この頃です。

粘土クラフト 若葉

ベース熱とは別に、最近燃えている粘土細工。
若葉を作ってみました。

今日の作業用BGM

影響を受けたベーシスト レス・クレイプール

Tales From the Punchbowl

新品価格
¥644から
(2019/2/4 05:48時点)

 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る