bow's Design(ボウズデザイン)

川の写真

date | 2019.1.30 日記「慣れないことはやらないものだ。」

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

夢野久作さんの小説を読んでいるのだが、非常に苛々している。
いつになったら結末を教えてくれるのだ。
ならば読むのをやめてしまおう、と本を閉じ違う時間を過ごしていると、ふと思い出す。
続きが気になる。
読みたくないのに、結末を知らぬままにしておくのは、どうも気持ちが悪い。
まんまと術中にはまってしまっているのだ。

夢野久作 (ちくま日本文学 31)

新品価格
¥950から
(2019/1/30 06:42時点)

早朝の阪神電車のシートに座り、結末は未だか、と苛々しながら夢野久作さんの続きを読んでいるところだ。
普通電車が停車し、扉が開きぶわっと寒い空気が車内に入り込み、一気に体がかじかむほど寒くなる。
特急が到着するまでにしばし時間がある。
停車中は扉の横にある扉の開閉ボタンで開け閉めできる。
開いたままの扉を車掌さんが各車両を周りながら閉めていく。
せっかく閉めたばかりなのに、乗客が降りるからまた扉を開ける。
また車掌さんが戻ってきて閉める。
またせっかく閉めたばかりなのにまた開ける。
この光景を見て「つっ!」と心の中で舌打ちをする。
タイミング考えろや、ほんま阿呆やな。
ほんでな、乗り降りするときくらせめて携帯電話をしまってからせえ、カス。

とか思っていたら、また車掌さんが戻ってきて、扉を閉めた。
で、また開けた!
クソが!ほんまなんにも考えてないこのクズ…!と思ったら、乗客のような人がランニングをしながら、外側の開閉ボタンを押して閉めた。
向こうの車両も開いていたようで外からボタンを押して閉めた。
プシュー!
また開けやがった!まだ時間あるやろがい!と思っていたら、先ほどのランニングおじさんがボタンを押して閉めた。
その先の車両も開いていたようで閉めている。
ランニングしながら車両を巡回しているランニングおじさん。
一人の乗客が立ち扉を開けた。
「…っ!」
開けるボタンを押しながら、良いタイミングで閉めるボタンを押して出ていった。
「おお、、、スマートだ。あれはいい。」
特急電車がホームに到着した。
「よし、あれだ。」
開けるボタンを押して、閉めるボタンを良いタイミングで押す。

どうやら僕は扉に挟まれてしまったようだ。
しかも身動きが取れない。
ターミネーター2のワンシーンを思い出す。
鉄格子の扉をT-1000型が独自の性質を活かし、すり抜けて主人公たちを驚かせたが、手に持っていた銃が引っかかるコミカルシーンだ。
どうしようとしていたら、中の乗客が開けてくれてなんとか特急電車に乗ることができた。
慣れないことはやらないものだ。
開けるボタンを押して、外から閉めるボタンを押して閉めることにした。

今日の作業用BGM

Just The Way You Are / Billy Joel – FUNK cover feat. Theo Katzman!

Just The Way You Are / Billy Joel

Just the Way You Are (feat. Theo Katzman)

新品価格
¥200から
(2019/1/30 20:47時点)

 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る