bow's Design(ボウズデザイン)

夕焼けの写真

date | 2018.9.11 日記「勝手にしやがれ感」

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

不安定な天候が続いてかなわんですね。
去年も台風の影響で長い時間電車に閉じ込められ、結局そのまま運転を見合わせ、歩いて帰った記憶があるが、今年も散々だった。
三度??やってきたのか。
見事に三度の台風によって足止めを食らう。
どしゃぶりの雨と横なぐりの雨とで服はびしょびしょになるわ、夏だというのに凍える寒さだった。
電車は見合わせてるわで、徒歩に移動を試みるも、なかなかの風量でスムースに歩くことができない。
街のあらゆるものがなぎ倒され、あたりが妙に暗く不気味だった。
よく見てみれば、信号やコンビニの灯りが消えていた。
街は区画によっては停電していた。

雨の足元の写真

 

そういった甚大な被害に比べれば、僕のびしょ濡れ冒険記など、大したことではない。
歩くことができるのならば、気長に前に歩いていけばいいや、と。

とまあ、バタバタとして日々を過ごさせてもらっているのだが、先日のこと。
約束の時間まで少し早く目的地周辺に着いた。
じっと立って時間を潰すにも、少々時間がある。
あまり歩いたことがない場所だったので、少しぶらぶらして時間を潰すことにした。
少し歩いたところに、喫茶店があったので入ってみた。

年季の入った木製の扉を押すと「カランカラン」とウインドチャイムが店内に鳴り響く。
空間は広く、空間の真ん中には大きなテーブルがある。
その上には各社の新聞が丁寧に並べられていて、店の眼鏡をかけたおかみさんが、難しい顔をして読んでいる。
いい感じである。

席につき一息をいれたところ、良いタイミングがおかみさんがお冷やとおしぼりを持ってくる。
オーダーを通すとすぐさま背中を向けて厨房に向かう。
店内を歩く軌跡には一切の無駄がない。
何年も歩いてきたのだろう。
注文した珈琲とおまけなのだろうか、レトロなお菓子が僕のテーブルの上に置かれる。
無愛想だが、非常に丁寧である。

置き終えるとすぐに元の大きなテーブルに戻り、難しい顔をして新聞を再び読みはじめた。
いい感じである。
この勝手にしやがれ感。
すごく居心地が良い。

wi-fiなどもちろん設置されていないだろうから、いそいそとパソコンをタイピングする音も聞こえない。
静かな空間に響くのは、カップとカップのお皿がなる音、そして新聞をめくったときにでる紙の音。
珈琲を飲み終えて会計の準備をしていたら
「緑茶はいかが??」
と新聞ごしからこちらを見て声をかけてきた。
「いただきます。」と一礼を入れてお願いした。

また無駄のない軌跡を描きながら、珈琲と同じように無愛想にテーブルの上に緑茶の入った湯のみが置かれ大きなテーブルに戻っていった。
組み合わせに少々の違和感を感じながらも、改めて落ち着いた状態でいただいた緑茶は美味しかった。

普段歩かないところには、面白いことがある。
また行きたいな。

Pure Morning / Placebo

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る