bow's Design(ボウズデザイン)

date | 2017.11.18 日記「冬景色の中を歩く。」

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

ドタバタと慌ただしい。
ようやく戻ってきたかと思ったら、時計を見たら出ないといけない時刻。
とはいえ、じーっと座っている時間というのは僕にとって何より苦痛な時間。
動いたり歩いたりする予定があることは、ありがたいことである。

特に冬の季節はいい。
寒いけれど、空気が澄んでいて景色の輪郭がハッキリとする。
全体を構成する色合いがどこか懐かしい記憶を呼び覚まし、現実であってタイムスリップしたような現実を歩いているようだ。
人工的に作られた光源も自然現象によって、より綺麗に輝く。

若い頃は、この時期になるとCMで流れるいわゆるクリスマスソングは心に沁みた。
映像の中で見せられる男女の淡い恋愛模様が素敵に思えた。
きっと君は来ない。ひとりきりのクリスマス・イブ。
山下達郎の名曲であるクリスマス・イブもとてもいいわけだが、耳の中で鳴っているのはクリスマスソングではない。
冬景色というは懐かしい記憶のように感じる。
小さな子どもの頃、小学生の頃、中学生の頃、10代後半の頃。
もちろん、そんな中にあった懐かしい淡い恋の思い出もあるのかもしれない。

そのときそのときの記憶がふと頭の中で蘇るも、くよくよとくどくどと、悲観的になるものではない。
小さな光の粒となって僕の体から抜け出し、ふわふわと空へ向かって飛んでいく。
これは一体なんなのだろうか。
これまでに行ってきた僕の業のいくつかがはらされていく。

飛んでいくその一粒一粒を眺めながら、納得するというのか、心の中にある淀みのひとつひとつがクリアになる。
そんな時間にも思えた。

11月。
もう年末だ。
年をとればとるほど、あっという間に1年は過ぎさっていく。
「もう年末やでー。」という年末の話の中に出てくる恒例のワードも、染み染みと「ほんまですねー。」となるようになった。
この季節というのは、いつもの景色もどこか神聖な不思議な感覚を覚えさせてくれる。
きっとそういうことなのだろう。

今日の作業用BGMは
山下達郎 / クリスマス・イブ

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る