bow's Design(ボウズデザイン)

光と陰の写真

date | 2017.11.26 日記「達人の奏でる音」

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

空の写真

ああ、また、あの音が聞こえてくる。
とても心地が良い音だ。
目前の作業を忘れてうっとりしていたが、ジェットコースターが黒い洞窟から勢いよく飛び出てくるように我に返った。
現実に焦点があったとたんに悔しさが込み上げてくる。

しかし、これというのは空回りする合図。
落ち着きを取り戻し、取り組まなければ全てが狂ってしまい、納得のいかないものを余所目に去らなければいけないのだ。
それでも、あの音が聞こえてくる。
「あの音」というのは、ずっと流れているわけではない。
はじめと終わりに道具と対象物が当たる音だ。
例えるならば、時代劇で侍が鞘から刀をゆっくりと抜いていく音、だろうか。

見事である。
素人でも技術の凄さが十分に理解ができる。
くもりなく、そして美しい。
その旋律に濁った音などひとつとない。

僕はといったら、独特の時間空間の中であせあせとしている。
効率よく、そして品質も良く。
「二兎を追うものは一兎をも得ず」ということわざがあるが、ここでは両方を追求しなければならない。
更には、今の目前のものだけに徹していればいいわけでもなく、360度にアンテナを張りながら取り組まなければいけない。
放射している線の先端に神経を尖らせながら、納得しえるところまで仕上げるのは至難の技、である。

しかし、達人たちというのは涼しい顔をして、なんなくこなしている。
放射線状の先端には、完全に僕も入っていて、何も語らず救ってくれている。
その姿がまた格好良く、悔しいのだ。

僕はこれらを観察し、分析し、言語化する。
そういうことによって、その凄さを薄いものにしてしまう。
彼らにとって、美学である、とか、哲学である、とか声高らかに語るものではなく、ただただ当たり前のことをしているのである。
時計の針が刻々と正確に時を刻むように、与えられた持ち場と全体が狂いなく遂行し完了させるために。

何事もなかったように戻ってく。
生活の一部という表現が当たり前といえば当たり前なのだが、仕事というカテゴリーで表現するよりは、朝起きる、夜寝るに近い感じがする。
彼らは決まってこういう。
「面倒くさいやん。だるいやん。楽したいやん。」と、にやけながらいう。

面倒くさいて。。。
こんな大変で面倒くさいものを、こんなにも完璧に。。。
と思いながらも、彼らの「面倒くさい」という意味が、なんとなくわかってきた。

好奇心というのが、この年になっても旺盛で、いろんなことを見たいし、触れたいし、体験してみたい。
そんな中で出会う達人たち。
彼らの生き様を見れる境遇にあることは、とても幸せなことだ。

空の写真

あの音が聞こえてくる。
頭の中で鳴っている。
僕の腕がうずく。
彼らは、今日も、あの音を奏でているのだろう。

The Paper Kites / A Maker of My Time

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る