bow's Design(ボウズデザイン)

女性 グラフィック

date | 2020.6.13 日記「consequence」

0
Pocket

また辟易とする議論をを聞かされないといけないのか。
そんな不穏な空気がいくつかのアカウントからタイムラインに示唆的に投稿される。
案の定、翌朝からそれは持ちきりの話題となり、盛り上がりを見せている。
こんな話、少し前にも無かったっけ??
まあた専門家らしき人が、海外では寛容だ、とか日本ではとか、言っている。
それも前に言っていなかったっけ??
寛容なのもおかしいと思うし、お祭りのように盛り上げてあーだこーだ言うのもどうかと思うわ。
毒舌キャラがいじることによって、彼の返しは大変面白いとは思うが、根本はつまらない薄っぺらい人間なのだろうなと思う。

意識は高く勉強家のようで(系、ではないようだ)数多いる競合の中から勝ち取るように日々活動していたようだ。
どうやら彼の中ではスコアでしかなかったようだ。
体を必要以上に鍛え、トレンドに身を包んだ姿は大変に滑稽に思える。

こんな姿は一般社会でも数多見える姿で、一体何の為に必要以上に体を大きくし、何の為に必要以上にタイトなパンツを履き異様なシルエットを描き、バランスが悪い大きなロボットの足パーツのような靴を履き、曇りであるのに目がはみ出るサングラスをかけ、または後頭部にかけ、横一列に軍隊のように並び、パレードのように歩幅や姿勢が整い行進していくかのうように、あるいは芸能人なのか、あるいはこれからパーティーに出かけるかのような人間で溢れ返っているのか。

ああ、人生というのはテーマが必要か。
登場人物、そう主人公の設定というのは物語を作り上げる人物であるから、設定というのは大事だものな。
なのにどうだ、瞳が小刻みに震え、視線を逸らそうとするではないか。
設定というのは脆い。
人生は長い歴史の一部を凝縮して描くドラマではないのだ。
理想を思い描くことは生きていくことで大事なことだと思うが、現実というのは残酷であり、目標に近づいていくには、泥臭く、こつこつと、ひとつひとつ九州していくしかないのだ。
群れあって他人に小石をぶつけてヘラヘラしている場合ではない。

そういった商売が生業なのか。
神輿を担いでいる者は、乗っかっている者を見ることができないのだ。
乗っかったならば、自身で整える必要がある。
こういうかかり者というのは大変に臭う。
独特な臭いを放つのだ。
人々が作り上げた魔法の国の中から抜け出せない輩というのは、そう、イカ臭いのだ。
こんな光景は出来るだけ目に入れたくなく、こういった輩とは同じ空気も吸いたくなく、こういう輩がいるところは、まあロクでもないとも感じているので、関わりも、寄りつきたくもないと思っている。
テクノロジーでどうにかならんもんかね。

騎士 イラスト

さてさて、くだらなぬものに反応してしまい、感情のままに書き綴った。
良くないことだな、と思いつつ、胸につっかえてしまった汚いものは吐いておかないといけない。
全く卑猥で、滑稽な世の中に見える。
それは僕の心が汚れているから、そのように見えてしまうだけのことかもしれないが。


吉田松陰の晩年、弟子に送った一編の詩。
この詩を胸に、心を平静にし、明日にしましょ。

志を立てる為には、
人と異なることを恐れてはならない
世俗の意見に惑わされてもいけない
死んだ後の業苦を思いわずらうな

また目前の安楽は一時しのぎと知れ
百年の時は一瞬にすぎない
君たちは、どうか、いたずらに時を過ごすことのないように

赤ん坊は何に反応して笑うのだろう。
赤ん坊を如何に笑かすか、これに必死になった時期もあるが、ギミックというのか、上の動画では視線を追いかけるに、縛った髪が反り返るのが面白いのだろうか。
赤ん坊は面白いと思って笑っているのだろうか。
落ち着いた時の無の表情が印象的である。
赤ん坊の笑い声というのは、幸福感を与えてくれるものである。
育児というのは大変である。
食べてくれなかったり、寝てくれなかったり、ぐずったりと。
並行して複数の仕事をこなさなければならない。
心が疲弊していくものであるが、何かを悟ったかのように突如として笑顔を振りまく天使というのは、いっときの安息と幸福感を与えてくれるものだ。
明日を生きる力を与えてくれるものだ。

こういうくだらないことでで笑いあえる時間というのを過ごしたいものだ。

女性 グラフィック

女性 グラフィック

今日の作業用BGM

The Notwist / Consequence

0
 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ