bow's Design(ボウズデザイン)

緑とフォークとスプーン

date | 2018.11.26 日記「ハラペーニョ」

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

ぐーっとお腹が減ったよー、とお腹がなにか食べよう、と合図してくる。
走り回っていて、そういえば今日は何も食べていない。
「えー??もう、そこに持っていく??」と、勘の良い人はにやけた人、もしくは失笑した人もいるだろうが、もう少しお付き合いいただければ幸いだ。
(正直、最後までお付き合いいただいたとて、なんにもないことは間違いないと断言をしておき、それでも進めていただける方にも、本当になんのオチもない話であるということは断言しておきたい。)

お腹と背中がくっつきそうな勢いだったので、近くに見えたおにぎりを専門としたお店があったので、「ちょうど、おにぎり的なものが、食べたかったんだな。」と山下清風のタッチ感で心で呟きながら、店前に立ち止まり、外に置いてあった立て看板のメニューを見ていた。
商品のラインナップを眺めていたのだが、残念ながら僕がイメージしていた三角のおにぎりではなくて、現代のニーズに合わせて改良された革新的なおにぎりであって、お腹が空いているのだが、いま食べたいものではなかった。
サイドメニューで食べたいものはあるか見ていたが残念ながらなかった。
立て看板のサイドメニューの中で視界に入ったのがどうやら「ハラペーニョ」という文字で、「ああ、僕はこんなハラペーニョなのに、食べたいものがないなんて。。。」なんて、心の中で呟きながら店を後にした。

ハラペーニョのイラストレーション

ハラペーニョのイラスト

ハラペーニョのイラスト

ハラペーニョのイラスト

オールドエルパソ スライス ハラペーニョ

新品価格
¥540から
(2018/11/26 21:08時点)

「ハラペーニョ」
普段食べることも、口にすることもないが、今日は違って、店を後にしても「ハラペーニョ、ハラペーニョ」と頭の中をハラペーニョという言葉が巡る。
しかし、言葉の意味合いと、使い方はこうである。
「僕、めっちゃハラペーニョ。」
「お腹がハラペーニョで目が回りそう。」
「朝から何も食べていないからハラペーニョでぺこぺこだ。」
どうやら疲れていたようで、さらにお腹と背中がくっつくくらいにお腹がすいていて、おかしくなってしまったのかな。

いや、待てよ。
もっとスマートな使い方はないものだろうか、とハラペーニョについての思考はさらに深まっていく。
「僕めっちゃハラペーニョ。」は並びが美しくない。
なんだか凸凹しているようでどこか気持ちが落ち着かない。
「お腹がハラペーニョで目が回りそう。」
これについては、教科書に掲載される例文のようで、もっとネイティブな使い方がありそうだ。
で、たどり着いたのが「ハラペーニョ」で終わることである。
それは無機質であってはならない。
感情を込めなくてはいけない。
表情にも出して、お腹をぽんぽんと優しくたたきながら「ハラペニョ…」というのだ。
それを踏まえて「ハラペーニョ」と伝えることで、言葉の意味を知らないでも十中八九相手に何を伝えたいか、伝わるはずである。
一度試してみていただきたい。
結果報告をお待ちしております。

やはり、なんのオチもないお話で申し訳ない。
いつも最後まで読んでいただいている皆様に感謝の意を表します。
いつも、ありがとうございます。
Comer jalapeño? Que

今日の作業用BGM

Tessa Violet / Crush

Crush

新品価格
¥250から
(2018/11/26 21:33時点)

 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る