bow's Design(ボウズデザイン)

おはなをあげる 絵本

date | 2016.6.8 絵本「おはなをあげる」

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

家までの帰り道をお父さんと一緒に歩く
小さな女の子の物語。

いつもと変わらない日常。
いつも歩く道、雑踏、そこには色があるようでない。
人々によって作られた様々なものはたくさんの色で
街を彩っている。

それでさえも、モノクロームな世界に感じる。
人々の生活を豊かにしたコンクリート。
そんな中、しっかりと根をはりたくましく、
美しく咲く花。

気づかれることなく、二本の足はいくつも交差し続ける。
この片隅で咲く花を美しい、綺麗だと感じたのは、忘れてしまったのは、
なぜだろうか。
いつだろうか。

道や野原に咲く野花を詰み、心が癒されたのは、
いつが最後だろうか。
無垢なままに、誰かを思い、誰かに施しを。

雑踏の中、いそいそと人々が交差していく。
思いや、優しさも、つながることなく、交差してしまうのか。
人にとっての喜び。感動とは。

言葉なく広がる物語。
この小さな少女の優しさに、
僕は泣かされてしまう。

おはなをあげる

ジョナルノ ローソン 作、 シドニー スミス 絵

 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る