bow's Design(ボウズデザイン)

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」コミックイラスト

広告

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

漫画「月と太陽 坊太とぬえ」

ぬえ

都市の喧騒の中、あらゆる音が早送りした時のような音で耳をかすめていき、人々が縦へ横へ高速で視界を行き交う。
そんな時の中を潜り抜け、目と耳と頭とが静かになると、辺りはいつの間にか夜になって幾ばくか静かになる。

空を見上げると無数の星が浮かび上がり、ようやく一息を入れられる時には、先ほどの喧騒が走馬灯のようにさらに倍速になってよみがえり、音や映像がノイズとなって再生される。
印象に残った出来事はノイズを背景にしながら浮かび上がり、それを振り返る。
夜空に不規則に並ぶ星の中で、強く輝く星のように。

星を眺めていても何かがあるわけではないし、星は何かをしてくれるわけではないが、心にしばしの安息や、刹那的な救いのようなものを与えてくれる。
そこに流星が流れたならば、心の底から湧き上がる喜びが体に走る。
流星の軌道は星々を結び、何かを形作る。
なにはともあれ、やりきった。
思うことはあれやこれやとあるが、それは繋がれた風船がふわふわと吹く風に舞うように、作り上げた世界の欠かせないひとつである。
後悔がないというのは、こういうことなのかもしれない。

さて、この形には私の幾ばくかの思いや思惑があるのではあるが、果たして何処へ行くというのだろう。
無数の星の中に埋もれてしまうのか、見つけてもらえるのか、その行方とどのような姿になるのか、知る由もない。
晴天の青空の下、心地よい風が吹き、ふと空を見上げた。
誰かが飛ばした風船が風に揺られ飛んでくのが見えた。

漫画「月と太陽」

今日の作業用BGM

広告
 
ページのトップへ