bow's Design(ボウズデザイン)

電子書籍:絵本「無題の物語」

date | 2017.8.10 電子書籍「絵本:無題の物語」を出版しました

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

まえがき

蝉のイラストレーション

暑くて寝苦しくなってきたころ。
朝焼けとともに、元気よく鳴く蝉の鳴き声が聞こえてくる。
外に出る頃には、辺りのあらゆる音をかき消して、蝉の合唱が聞こえてくる。
その蝉の合唱の力強さが暑さを増して、汗が一気に吹き出す。

その音に慣れてくると、暑いものの普段と変わらない日常を送る。
ふと、地面に目をやると一匹の蝉の亡骸が落ちている。
少し前を歩くとまた落ちている。
それを見るたびに形容はしがたいが、妙な気持ちを抱く。

空を見上げれば、外敵に襲われ、必死に逃げる蝉。
必死に逃げようとするも、つかまってしまったときの断絶魔の悲鳴。
それでも鳴き続ける蝉たち。

夏が終わりに近くにつれて、蝉の鳴き声は次第に小さくなっていき、弱々しくなってくる。
人が歩く地面にはたくさんの蝉の亡骸が落ちている。
それでも、声を枯らしながらも生を全うしようとする蝉を見て、毎年やってくる夏に抱く妙な気持ちをグラフィックと短いコピーで物語を作った。
生きるとはなんなのか。

絵本の中で登場するグラフィックのサンプル

3.変容

混沌と混乱と共存

幸福と歓喜のとき

趣味で描いた絵の中でも紹介しているイラストレーション。
過去の展示会でも出展している作品です。
単体作品として紹介しておりましたが、物語として繋がっていて、ナンバリングをふっています。
これらの作品をつなげた絵本となっています。

絵本「無題の物語」のご購入はAmazonウェブサイトから

Amazonウェブサイトにて販売しております。
kindle、iphoneやipad端末の「kindle」アプリにてお読みいただけます。
お読みいただき、ご感想をいただければ幸いです。

無題の物語 (bow’s Design)


販売価格 : 250円

kindle unlimited会員の方は無料でお読みいただけます。
kindle unlimited について

Information

ウェブサイトAmazon 電子書籍 絵本「無題の物語」商品ページ
 
bow's Gallery

インターネットの世界の中でも日本。そして神戸の辺りでゆるやかな丘の上にある自然に囲まれたギャラリー。
誰でも自由に入ることができ、これまでbowがデザイン、描いてきたイラストを使った作品や、
絵本などを展示しています。

Other Contents

  • 神戸
  • 花
  • 坊が読んだ本
  • トピックス
  • bow's IMAGE
  • 坊からのお知らせ
ページのトップへ
一覧へ戻る